嵐/櫻井翔と堀北真希ドラマ『特上カバチ!!』が危うい?!

TBS『特上カバチ!!』に打ち切りの危機か!? 

今をときめく嵐の櫻井翔と堀北真希の共演、17日から始まったTBS系ドラマ『特上カバチ!!』。

初回視聴率は12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずのスタートを切った。

しかし、ドラマ関係者はある出来事に頭を悩ませているらしい。


原作の「カバチタレ」で描かれている、"飲酒運転逃れ"が実行されたのである。
 

広島中央署は12日、車同士の衝突事故で相手にけがをさせたとし、自動車運転過失傷害の疑いで、広島市に住み、職業は内装業の矢吹達容疑者(38)を現行犯逮捕した。

同署によると、110番で駆けつけた署員の目の前で矢吹容疑者が缶ビールを飲んだため、飲酒運転の証拠を隠滅した可能性があると判断した。

矢吹容疑者は『酒なんか飲んで(運転して)いない』と供述している
(引用先:日刊スポーツ)



こんな呆れた事件なのだが、その背景に「カバチタレ」が映し出されるというのだ。

現場検証に来た警察官の前で事故を起こした運転手がいきなりアルコールを口にして、飲酒運転の証拠隠滅をする。その呆れたやり方は、まさに今回放送している嵐共演ドラマ『特上カバチ!!』の原作
『カバチタレ!』に紹介されているものだという。


古本・カバチタレ! [1~20全巻]



ドラマスタッフは、現在出来上がっている『特上カバチ!!』の台本を全部チェックし直した。

最近は、BPO(放送倫理・番組向上機構)が厳しく、又、何より怖いのは、視聴者からの新聞への投書。
スポンサーあっての放送故、大手新聞などに苦情が寄せられると、内容を変更しなければならなくなる。

苦情が多いと最悪打ち切りや、放送回数の削減になってしまう。とTBS関係者は語っている、とのことだ。


特上カバチ!! (1-20巻 最新巻)送料無料



ドラマ放送中に3択クイズが出題される。
視聴者が正解と思う電話番号に電話をかける。
番組内でドラマ出演者が、正解者の中から1つの電話番号に電話をかける。
つまり、番組内でドラマ出演者と生電話ができるのだ。^^


ドラマとしては新しい手法を試みていることでも話題の『特上カバチ!!』
嵐の櫻井翔と堀北真希の共演を毎週心待ちにしている多くのファンの為にも、<良い子は絶対にまねしないで下さい>のルールは大人になっても忘れてはいけない。


嵐CD/新品激レア商品。出荷少数希少限定版(楽天オークション)



「カバチタレ」に限らず、書物、TV、映画、エトセ虎、すべてである。



posted by REN | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特上カバチはドラマとして観れるのか

嵐の櫻井翔さんと堀北真希さん主演の「特上カバチ」。前回もこのドラマについて取り上げたのだが、気になる評価を目にしたので載せることにした。


ドラマの途中で法律知識などを問うクイズが入ってくる。
出演者が出題する。生で電話がつながることもあり、プレゼントあり。


これらについてこう書かれている。


>なんだかラジオみたいだ。ドラマのようなバラエティのような、なんだかとりとめのない作品だ。
ドラマとして全く没入できない。番組自らがブツブツ流れを切ってくるのだから。


>まさか、と思うが、TBSはこれが実験的な挑戦だ、などとは思っていないだろうな。
これは、単に企画段階で詰め切れていない極めて中途半端な取り組みだ。
ドラマはドラマであってバラエティとは違う。
クイズ番組の中にドラマを織り込む、というのはありかもしれないが、逆は困る。



>笑わせてやろう、という意識の強さも感じるが、笑いに腰を据えているわけではない。
小手先でちょちょいと、ほら笑え、とばかりに色かけ程度に取り入れているだけだ。
これでは笑えない。
漫画原作のドラマではあるが、ドラマとしてマンガチックにも程がある。
これで今の視聴者が笑うと考えているとしたら神経を疑う。



筆者は、「櫻井翔や堀北真希が悪いわけではない。」と出演者には批判の目は向けていない。
最後にこう締め括られていた。


>ともかく、官僚た ちの夏、JIN―仁―と続けてみていた視聴者の多くはこのドラマを見ないだろう。その分若い人たちを……となれば良いのだろうが、期待薄だ。定着していた視聴者を切り捨てるとは、何とももったいない話だ。正直、腹立たしくなってきた。TBSの病は重い。

(JCASTニュースより抜粋)




嵐ファンにとってはどうなのだろうか?

「特上カバチ」をどうとらえて観ているのだろうか。
「ドラマ」なのか「クイズ」なのか「バラエティー」なのか。

「ドラマ」として観たい視聴者には、テンションの下がる構成になっていることはボクも否めないひとりである。



posted by REN | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松雪泰子連ドラ主演 4月〜日本テレビ系でスタート

女優の松雪泰子さんがドラマ「Mother」(水曜日夜10時〜)に主演する。

ドラマ「Mother」のテーマは「母性」で、
松雪泰子さん演じる小学校教師が、虐待を受けている教え子を連れて逃避行をする。といった内容。

松雪泰子さんは1998年、ギタリストの門脇学と電撃入籍。長男を出産。
2004年に離婚。
現在はシングルマザー。2歳から塾を掛け持ちさせた程、英才教育には熱心な母親だという。

4月スタートの連ドラ「Mother」に主演として登場する松雪泰子さん。
この主演は「愛、ときどき嘘」(日本テレビ)以来12年ぶり。


2006年、主演映画「フラガール」
2008年、助演映画「デトロイト・メタル・シティ」「容疑者Xの献身」
と、映画業界では看板女優である。


12年ぶりになる連ドラでは映画界で磨きを掛けた演技力を魅せてくれるだろう。
posted by REN | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フルーツメール
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。