何も食べることが出来ない少年

常に何も食べることができない遺伝子形成を持つ少年がいるという



少年は牛乳のような液体も飲み込むことができず、自分一人で栄養を補給することが困難とのこと。


イギリス北東部にあるタイン・アンド・ウィア州のサンダーランドに住むKeaton Foale君(5歳)は「Congenital Disorder Glycosylation Type Two(先天性疾患糖鎖形成タイプ2)」という1億3500万人に1人しかいない非常にまれな遺伝形成を持っている。

この遺伝形成では、胃の中に入ってこようとする食べ物をすべて拒絶してしまう特異体質になってしまうようだ。

また、定期的に内出血を起こしてしまうため、1年の間に多量の血液を失ってしまうとのこと。


Keaton君が先天性疾患糖鎖形成タイプ2であることが判明したのは生後3ヶ月の時で、急激に体重が落ち始めたため鼻からチューブを通して食べ物を注入したり、ミルクのような液体状のものを与えようとしたそうです。しかし、すべて吐き出してしまったり肺の中に入ってしまったりするため詳細な検査を行った結果、特殊な遺伝子形成を持っていることが明らかになったそうです。

生後1年まで黄疸・貧血・伝染病などに苦しみ、更には盲目にならないようレーザー手術も受けたとのこと。

untitled.bmp
 現在、特注のチューブを胃の中まで入れて栄養価の高い特殊なミルクを流し込むという1回50分間もかかる食事を1日に4回行わなければならないそうですし、

 遺伝子形成の問題であるため、現代医療での治療は難しいとされており、Keaton君は先天性疾患糖鎖形成タイプ2と一生戦い続けなければならないそうです。   
                        
(引用先:THESUN NEWS



少年は摂食障害ではない。
ボクが、摂食障害のカテゴリー内に入れたのは摂食障害で苦しむ
過食症・拒食症の方に読んで欲しいから。

しかしその理由は、ろくに理解もしない奴らのような
「こういう子も居るんだから、食べろ・食べるな」の意味では無いと
断言しておく。

摂食障害を抱えた本人がそれぞれの感情でこの記事を受け入れ、自分の心の問題と向き合う上で、「支え」になればと想う。


摂食障害に無縁の方がボクの上記一文を読まれたら「訳が分からない」と言うだろう…。
posted by REN | 摂食障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ともさかりえ拒食症を克服し

ともさかりえ(女優)。


彼女は10代の頃、女優ばかりが出演するドラマに出たのがきっかけで、拒食症に陥ったことがあった。

共演者の女優達が、自分を押し出しアピールする様子に“女のいやらしさ”を感じて、精神的にまいってしまったという。

ともさかりえさんの、生まれ持った繊細さと、気分の上下が激しいことも要因のひとつだと、ご本人も認めている。

相変わらず気分の上下は激しいものの、
拒食症など激しい症状からは立ち直った。“それも女優らしさ”と受け入れられるようになり精神的に強くなったから、とされている。


現在、ともさかりえさんは、NHKの日曜深夜の連続ドラマ
「祝女〜shukujo〜」に出演。

「祝女」でともさかりえさんは身勝手な男に言いたい放題言いまくる、熱い“独身アラサー女”を演じている。

 

30歳。小学6年で芸能界にデビュー。初出演は連ドラ「素晴らしきかな人生」(フジテレビ)。

「お芝居をしている最中は正気じゃない」と言うほど演技に集中する方で、根は負けず嫌い。「祝女」のような軽いコメディーは、難なく演じられるだろう、と言われている。 
(引用先:ゲンダイネット)



妥協をしない完璧主義。勝つか負けるか。100かゼロか。白か黒か。



摂食障害などメンタルな面で病にかかる人の多くはこういった性質がある。

『良い加減(よいかげん)』を知らない。

良い加減は、‘いーかげん’とは違う。
自分にも他人にも良いバランスで付き合う。
バランスをとれる人間は強い。精神的に安定している為、他人にも自分にも優しくなれる。

昨今、メンタルな部分が見直され、心の問題を軽視しなくなった。
「自分に優しく。そして人に優しく」 この言葉は社会に定着してきた。


妥協を許し、負けもたまには許す。 ゼロじゃなければ良い、黒じゃなければ良い。−そう考えられる様になれば、5歳の息子さんを、ひとりで育てるともさかりえさんの様に、強く変われるかも知れない。




posted by REN | 摂食障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べたかったのに −餓死した少年

5歳の幼児が餓死した。両親の虐待。


5歳の長男に十分な食事を与えず死亡させたとして、奈良県警は3日、父親の会社員、吉田博容疑者(35)と、母親のパート店員、真朱容疑者(26)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。

5歳児の体重は通常15〜20キロだが、男児は死亡時6.2キロしかなかった。顔など数カ所にあざがあり、県警は暴行の有無について調べている。

逮捕容疑は、1月初めから今月3日まで、長男智樹君に十分な食事を与えず、日ごとに衰弱していったのに治療を受けさせず放置し、死亡させた疑い。

両容疑者は「愛情がわかなかった」と、容疑を認めているという。
(引用先:毎日新聞)



母親の真朱容疑者は3日午前11時ごろ、県中央こども家庭相談センターに3回にわたり、「子供を虐待している」「ぐったりしている」と連絡。
訪問した市職員が、あおむけでぐったりした智樹君を発見し、119番通報。
5歳児は病院に運ばれたが、午後5時20分に飢餓による急性心不全で死亡。



通常の5歳児に比べ、3分の1の体重。
3カ月に渡って食事を満足に与えられなかった幼児がどんな気持ちで苦痛に耐えていたかと思うと無念でならない。

「愛情がわかなかった」という容疑者2人に当然怒りを感じるが、
それにも増して、5歳児の想像がつかない苦痛を「考えて」しまう。

ボクたちは生きている間に、自分の存在の意味、自分はなぜ生まれてきたのか、と考えるときがある。


幼児の小さな心は、それすらも想うことができず、苦痛に耐えるだけで精一杯であっただろう。





posted by REN | 摂食障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フルーツメール
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。