”水素水”で身体が軽くなるのか?「浸みわたる水素水」で体験してみた

活性酸素を除去する働きがあるとして今注目されている「水素水」。

水素水とは、圧力をかけて水素を溶かした水のこと。

活性酸素は様々な病気の原因になる他、老化や美容にも影響を及ぼすと言われている。


健康になりたい、健康を維持したい、さらに自分の持つ美しさを最大限に発揮したい。

健康や美に対し積極的に取り組む人たちから今人気を集めているのが『水素水』である。

なぜなら、水素水には老化や様々な病気の原因となる活性酸素のうち、細胞障害性の高い

「悪玉」活性酸素だけを除去する働きがあるとされているからだ。


『水素水』が注目されている中、どの水素水を飲めばよいのか迷っているならコレ!

2014083010160000.jpg
浸みわたる水素水だ!!

        2014083010180000.jpg

なぜお勧めするかと言うと、「浸みわたる水素水」には、

”まれにみる美味しい天然の健康名水”と評価を得た、熊本県菊池渓谷の天然水が使用され、

この味わいは他の天然水と比べようのない、まさに別格の旨さがある。

ひとくち飲んでみれば、ただものではない澄み切った洗礼された味にきっと驚くはずだ。

2014090214190000.jpg

温めても成分や味に変化はないので、ホットで飲んでも良いし、米を炊くときに使用しても良い。


ホットミルクティーやアイスコーヒーを作ってみたら、

普段とまったく違う味になった。

真面目に旨い!メチャクチャ旨い!!

ボク的にはホットにもせず、アイスにもせず、常温で作ったものが一番旨く、また、

水素がカラダに浸みわたっていく感覚を覚えた。

2014090314090000.jpg


理由は解らないが、熊本県菊池渓谷の天然水の美味しさが、常温が一番引き立つのだろうか?

と思っている。



天然水の頂点と言っても良いだろう熊本県菊池渓谷の天然水に、業界最高レベルの溶存水素量を充填。

4層構造アルミパウチの使用で1.57ppmの溶存水素量は揺るぐことがない。


浸みわたる水素水」を提供するのはアビストH&F。

アビストH&Fは水素水研究の第一人者、日本医科大学の太田成男教授との出会いにより、

「水素水の素晴らしさを少しでも多くの方に知ってもらいたい。そして健康になってもらいたい。」

という強い思いを抱きながら、

溶存水素量の定期的外部検査、 徹底した品質管理、完全受注生産で工場から直送の体制を取っている。

さらに消費者の立場に立ち低価格の実現にも成功した。



4層構造アルミパウチは使用後ペッタンコに圧縮できるため、ゴミがかさ張らない。

使い勝手においても申し分ない商品である。 
2014090907550000.jpg





この記事へのトラックバック

フルーツメール
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。