岡村隆史の女性恐怖症は冗談では無い。

体調不良を理由に芸能活動を休止することを発表したナインティナイン・岡村隆史(40)は、昨年
11月27日に現場復帰し、現在は休養前とほぼ変わらず3本のレギュラー番組を抱え、精力的に活躍
している。

はっきりとした病名は明かされないままだが、精神的な疾患であったことは明らかだとされている。

新年のテレビ番組「ホンマでっか!?TV」(2011年1月5日)に岡村は、飛び込みという形で出演し
療養中の状態やトラウマについて明かした。

「すぐに結婚しないと危ないんですよ」
岡村が一番最初に口にしたのは”結婚しないと危ない”という結婚相談だった。
これだけならありきたりなトークで無難に終わりそうなもの。

それを知ってか知らずか、彼は療養に入る前の状態も話し始め、
「母親と手をつないでもらい寝ていた」と告白した。

この衝撃的な発言に驚きを隠せない周囲に向かって同番組のMCを務めるさんまが、
「その方が落ち着くそうなんよ」とフォロー。岡村も
「周囲に僕をケアしてくれる女性がいなくて母親と手をつないでもらい寝ていた」と補足説明した。




彼が20代の頃、交際していた女性と奈良でデートした際、事件は起こった。

観光名所である奈良公園で『キャーッ』といいながら鹿にエサをあげていた女性を、
”ほんとに可愛い”と思い眺めていた、と岡村は当時を振り返る。

しかし、2人が部屋に入り岡村が「キスしてもいいですか?」と切り出してキスをすると、
彼女が豹変。 積極的に岡村の体を求めてきた。 しかもかなりのテクニシャン・・・。


こんな状況になれば大半の男はそのまま行為を続行する。ラッキーと思う者も少なくない。

だが岡村は「汚らしいーっ!」と叫びながら、その場を飛び出した。



以来、積極的な女性を受け入れられなくなったと語る岡村は、
「自分よりもおとなしく、尚且つリードしてくれる女性」を理想の女性としているとう。


同番組内でさんまは、岡村が結婚できない原因を、「軽度の女性恐怖症にある」と暴露。
また、今田耕司は「それ以前に岡村は女性との会話が苦手」だと指摘した。


女性恐怖症(女性が苦手、異性恐怖症)は、女性恐怖や異性恐怖症とも言われ、
対人恐怖症の中に含まれる症状。

雑談恐怖、視線恐怖、対人緊張といった対人恐怖症の症状が、特に女性に対して強く起こって
くるものだと考えられる。

結果、女性が苦手になってしまい、本当は女性と親しくなりたいのに、苦手意識や恐さから
女性を避けてしまうことが多い。


【送料無料】トラウマを消す技術
著者のボルダック,マイケル(Bolduc,Michael)は7歳のとき、実の父親が母親を殺す
という衝撃的な事件を体験した。
ショックで重度の吃音症と極度の対人恐怖症になり、長年にわたって絶望的な人生を過ごす。   
17歳になった彼は、自己変革に目覚め、世界の「コーチ」に入社。 短期間でトップセールスマン
となり、その功績が認められ20代の若さでヴァイスプレジデントに抜擢された。
現在は、個人コーチングやセミナーを通して、世界中のクライアントに成功と幸福を生み出し
続けている








東野・岡村の旅猿オリジナルグッズ/チャーム付き木札携帯ストラップ

東野幸治が岡村隆史とたった2人のディレクターを連れて旅に出る!
台本が無いからこそ起こるハプニングや、過酷な工程等見所満載のゆるーい旅番組







posted by REN | TrackBack(0) | 身体の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/179968722
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

フルーツメール
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。