草なぎ剛は酒にも弱いが頭も弱い。堺雅人に馬鹿っぷりをアピール!

俳優・堺雅人は早稲田大学在学中から劇団に参加し看板俳優であった。(劇団名:「東京オレンジ」)
そのせいもあって大学時代の境は「早稲田のプリンス」と呼ばれていた。
                                 2010y08m27d_151232823.jpg
2004年の大河ドラマ「新選組!」で山南敬助を演じてブレイクした堺雅人はその後数々のドラマや映画に出演。
ドラマや映画で見せる『癒しの笑顔』が好評でその人気は今でも鰻昇りだ。


そんな堺雅人の笑顔を真顔にしてしまったのは、SMAPの草なぎ剛。

8月23日放送「SMAP×SMAP」の「BISTRO SMAP」のゲストは俳優・堺雅人。
トーク番組は苦手という境だが、木村拓哉や香取慎吾との会話は穏やかな印象で進められていった。
番組は料理と共に堺雅人の”癒しの笑顔”まで味わえるという、観るだけの視聴者にもオイシイものになる予定だった。


堺雅人の笑顔を消したのは草なぎ剛。
「堺さんの映画が好きでよく見ています」と話し始めた草なぎは、
堺が主演した映画「南極料理人」について「この間、『南極日記』という映画を見ました」と言い、
「クヒオ大佐」については「『王様のやつ』も好き」と立て続けにタイトルを間違えた。

境雅人主演南極料理人


「『すごく見てます』と言う割にうろ覚えですね」と境の笑顔が引き攣っている。
しかしそれに気付かないのか、「ぼくはタイトルにはこだわらない。でも、堺さんの演技はすごく好きなんです」と
草なぎは平然と言い返した。

視聴者でさえ草なぎの軽率な発言に嫌悪感を覚える中、ついに堺雅人の笑顔が真顔になってしまった。

どの映画が一番好き?の質問に対し、またもや『南極日記』。
さらに追い打ちをかけて、「まさかあの映画で感動するとは思わなかった」と失礼極まりない発言を繰り返した。

真顔になった境は、「料理人が南極に行って大変な思いをするすごい映画ですよ」とひとこと。
映画に対して失言がここまで続くと、さすがに境も笑えなかったようだ。

面白南極料理人

面白南極料理人

価格:540円(税込、送料別)



「初対面なのに失礼だ」と中居正広が空気を読んでか言ってみたものの、草なぎは「どう見るかは個人の感想だから」と開き直る始末だった。

堺が「友達になれそうです」という最後にみせた皮肉でさえ、視聴者にも番組にもフォローとなった草なぎ剛の馬鹿っぷりには
笑えないどころか怒りさえ覚えそうだった。

かつてSMAPの草なぎ剛は酒の飲み過ぎで全裸になって公園で喚いていたところを逮捕され、
当時公園から連行される草なぎの映像には、ビニルシートで包まれた彼の情けない姿があり、ただ呆れるばかりだった。

草なぎ剛の真実と新生

人前でパンツを脱いだ者に、恥ずかしいものなど存在しないのかも知れない。



















posted by REN | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

フルーツメール
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。